6月の庭から

リスペクトする方のお庭のバラを見に伺いました。
手土産はなしでと言われても、花ならいいかなと
庭のハーブやお気に入りの花たちでタジーマジーブーケを作りました。

タジマジ2a

毎年、こぼれ種で咲くニゲラは、この庭の妖精・・
大きく力強い花が多い庭の中で、消え入りそうなやさしい色で、そして華奢な姿であちこちに咲いています。
あタジマジ

6月のレッスンは、紫のバラと、同系色の花合わせ。
今日の市場からのバラはプレシャスモメント。
赤みがかった紫
やっぱりこぼれ種で咲くビオラの紫がマッチする色
プレシャスモメントa

そして、こぼれ種の最強種はオルレア。
今は、白いレースのようなこの花が、庭の主役です。
プレシャスモメント2a

プレシャスa

ワイルドストロベリーも忘れてはならないこの庭の顔です。
イチゴは、かわいすぎます。
食べるには酸っぱいけど、あちこちに赤い実が見え隠れしています。

苺ワイルdo

裏山の土手に、もう数十年前に亡き祖母が植えたイチゴが実をつけていました。
子供の頃、土手をダだ畑にして、イチゴを植えていた祖母を思い出しました。祖母と、イチゴを摘んだことも
ぼんやり思い出されて・・
スポンサーサイト

スイセンたち

わたしも!わたしもと自己主張する花たちをあやすこともできないまま、器に入れました。楽しいばかりです。



待ち焦がれるさくら色

pinkunoharu.jpg

桜の開花がいつもより遅いせいか、それがとても待ち遠しく感じられます。
ふわ~っとしたさくら色は、やっぱり大好きです。
咲き始めの桜は、ドキドキしますが、
満開の後の桜吹雪は、
大きな声ではしゃぎたくなるほど、
何かうれしい気持ちになります。
うきうきというのでしょうか・・
一年に一度の、つかの間の桜との語り合い。
いいお天気が続きますように。

ウキウキの季節の始まり・・
体を急に使いすぎて、ぎっくり腰。
早く治して、庭仕事始めなきゃ!

イースター気分を楽しむ 

昨日は雪が降り、10cmほど積もりました。
それでも今朝の温かさで、ほとんどの雪がとけました。
スイセンやチューリップの芽も日向ではずいぶんと伸びて、
春の訪れを感じることができます。
nest2.jpg

今年のイースターは4月17日と遅いようです。
イースターを楽しむための巣を作り
ウズラの卵を飾りました。
nest3.jpg

イースターネスト

庭に咲く花が何もない季節も、植物たちを楽しむことができます。
しっかり着込んで、日当たりのいい所なら、もう外での作業も気持ちよい気温になってきました。

チューリップは、その葉の姿と、茎の長さを見せるあしらいが好きです。
チューリップ

ヒヤシンス

水栽培のヒヤシンスが咲ききったところで、庭のネコヤナギとアイビーの実と合わせたアレンジ。

ヒヤシンス1

白いヒヤシンスも美しすぎ

hiyasinnsu4.jpg

まだまだ寒い外。

hiyasinnsu3.jpg

庭ではネコヤナギが銀色になっています。
球根の芽が土からちょっとだけ顔を出しています。
hiyasinnsu2.jpg