雪の2月

ぷりバラアレンジがお勧めの季節です。

IMG_1113.jpg
スポンサーサイト

ありがとうの気持ち

感謝の気持ち

2013

works 2v 母の日の花

ベスト1は、

こちらの花色いっぱいのこんもりアレンジメントでした。

誰が選んだのって?

私ひとりで・・

いつも、ありきたりのピンクのカーネーションを避けていたのですが、
今年は、取り入れてみました。

誰でもが、受け入れやすいように・・。

カーネーションの名前は『ひとみ』。

実は、『ドヌーブ』という名前のカーネーションを
今年のメインカラーにしたかったのですが、

仕入れ力不足で、
断念・・・

それでも結果オーライで、皆様に喜んでいただけました。

ありがとうございました。

つい、自分の好きな色を選びがちですが、

私の世代のお客様のお母様と言ったら、

ひ孫もいるお母様ですから、

やはり好まれる色は、わかりすいクリアな色のようですね。



にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村


春なのに…

秋色アジサイアレンジ


春なのに、満開の桜の上に雪が積もりました。
美しく花壇を彩っていたラッパスイセンも
雪で倒されたくさん折れてしまいました。

なので、
今日のテーブルの上には
たくさんのスイセンが飾られています。


春なのに・・

そして、このアレンジには、
春なのに秋色アジサイが、
当たり前のように入れられています。

春なのに・・

にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村

クリスマスそしてお正月

お正月のお花の準備をしています。

正月

今年のお飾りは、レッドウィローを使って優しい感じにしました。

おかざ

今年は思いのほかクリスマスリース作りの機会が多く、
喜んでいます。

自宅用は、裏山の杉の幼木とイチイの枝で作りました。
痛いのがたまにきず・・そのほうが御利益ありますかね・・(笑)

ぽっちゃんと

そう、雑誌フローリストの編集をフリーでやっている桜井さんのツテで、
リースを集めた本にいくつか作品を載せていただきました。
さすがアーティストの皆さんの作品は素晴らしいです。
私のは作品というより、商品ですね・・。

本屋さんで見れると思いますので、是非ごらんあれ!

かぼしゃ

にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村

世代を超えるということ

ajiburu

フラワーアレンジメントにも流行があるようですね。
私が始めたころには、パステルカラーの小花のミックスに
かすみ草を入れてふわっとした雰囲気のアレンジメントが主流でした。

それから30年弱の月日が経ちましたが。

イギリス、ドイツ、オランダ、パリ・・
とヨーロッパ各地のスタイルが紹介されてきました。

花時間という雑誌が出来て、
ますます、フラワーアレンジメントが一般的に
なったようです。

ちょっと自慢ですが、
花時間の創刊号か第2号かもっと後か、
忘れましたが、
ちょうどその頃、
川崎に住んでいた私は、
自分のアトリエを開いたばかりで、
花の写真を読者欄に
投稿して載せてもらったんですよ。

昔のことをいろいろ、
思い出しちゃったので、
続けますね・・

私は、高校生から生け花を習い始めて、
進学で横浜で暮らし始じめ、
鎌倉の生け花の家元に毎週お稽古に通いました。

花を生ける仕事に就きたいと思い、
勤め始めた会社が花屋でした。

田舎者の私は、デパートなどの花の活けこみを
花屋がするものだとは知りませんでしたので、
『花の技術とセンスを生かしませんか』
というキャッチで求人広告に出ていた面接先の住所に行ったら、
花屋さんだったのに驚いたことを今でも覚えています。

花屋で働き出して、生け花だけではなく
フラワーアレンジメントというものをマスターしなければ
花屋のプロにはなれないと知り、
たまたま、手にした雑誌にあった
フラワークリエイター あんりゆきさんの作品に衝撃を受けて、
青山のスクールに通い始めたのでした。

それは、結婚出産の時期で、育児のために、
花の仕事を離れていた時期でした。

あのころは若かった・・

主人の休みに合わせて
子供を主人に預けてスクールに通いました。

○○○○○

むか~しのこと書いちゃいました。

というのも、ずっと探して見つからなかったあんりゆきさんのウェブサイトでしたが、
最近見つけたのですよ。
今年の4月にホームページを立ち上げられたようです。
とっても嬉しかったです!

そこで思い出したのが、あのずっと昔に出会った時の感動でした。
今も変わらぬ感動を与えてくれる
あんりゆきさんの作品は、
単なるフラワーアレンジメントではなく
まさに芸術だと思います!!

にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村