みのり オリーブの実

おりーぶ


下の息子は、東京で仕事を続けていればよかったのにといいます。

もっと、裕福な生活ができたろうにと・・


まあ、中学生ですから、実状は知らないので何でも言えるのですがね。

田舎の暮らしがいいと福島に戻ったのに、やはり東京がよくて、
東京通い6年したけど、やっぱり子供との時間が一番大切と再認識して、
下の息子の追っかけをちゃんとしようと東京通いをやめたのに、
当の本人は、親の気持ち知る由もなく・・・・

もちろん、今の収入や仕事の中身を思うと、
「こんなはずじゃなかった」と悔やんだこともありました。
しかし、いろんなタイミングでの自分の決断と行動を、
結果的に「よかった」といえるようにしようと日々心して今は動いています。


田舎で暮らして、うれしいのは植物に囲まれた生活ができているということです。
一番は、実りがあること。

野菜を作って育てるのは楽しいです。
なかなか思うようにならないのがもどかしいところ・・

たとえば、
トウモロコシの種を蒔いて実が入りそうになるころには、
キジにつつかれてしまいした。
(そうなんです、私が借りている畑には、野生のキジが住んでいます。
今年は、5匹くらいのひながかえったようです。時々、お母さんがひなを連れているのを見かけます。)

レタスは種まき時期が遅くて、ちょうどいい感じになりかけた時には、
雨の日が続いて腐ってしまいました。

大根は、土の耕し方があまかったのでしょう、
今一つ大きくならず。大根十耕

こんな感じです。
まだまだ、植物に振り回されています。

だからこそ、このオリーブのみのりは、とてもうれしいです。
7年ぶりくらいに去年植え替えて、どうなるかと思っていたら、
今年は、花を咲かせました。たくさん咲いたけど、
この大きさまで育ったのは、5粒だけ・・。
それでも、実がなることは期待していなかったからとてもうれしいです。
色つくのは、いつになるでしょう。


スポンサーサイト