管理画面
花作家の身の丈ぐらしと花あそびの記録
Wed
2011.09.21[11:11]
bonnbori2

敬老の日ありがとうござました。
たくさんのフラワートピアリー作らせていただきました。

ということで、人気のこのフラワートピアリーを定番化することにしました。
名前は、「花のぼんぼり」

bonbori

さて、ほんとにここ福島の田舎で花の仕事を続けていてよかったと思えるのは、
花専門の生産者が育てた花に合わせて、
庭や畑で摘んだ花やグリーンを合わせてアレンジできることです。

himawarino

特に秋には、大好きな実のものがたくさんあるのでアレンジが楽しくなります。
同じ花を使っても、合わせる緑でグンと表情が変わるのが楽しみ!

himarwaritop

先日、ヒマワリの花のアレンジメントのオーダーをいただきました。

今ではヒマワリは、ほとんど通年市場に出回るようです。
母の日や、父の日にはなくてはならない人気の花です。


一年中同じ表情になっていしまわないように、合わせる花材や色合わせを変えてみます。


ちょっとだけ色づき始めた山葡萄の実や、シャーベットカラーのケイトウを
コーディネートしました。

秋の光が見え出した頃には、少しオレンジがかった色合わせがいい感じ。


最近は、花をまあるく束ねたり、アレンジしたりすることが多くなりました。

「まんまるもりもり」は今年の流行り言葉ですが、
時代がまあるいものを好んでいるのかもしれませんね。

まんまる = 輪 = 和 

みんなが一つになろうというときですものね。

がんばろ!!
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Copyright © 2011 福島で 季節ごとの花あそび, all rights reserved.