FC2ブログ

クリスマスまで飾るリース

10月22日のみんなの教室は
クリスマスまで飾るリースづくりです。
akiri-su.jpg

和の作りの自宅にはリースを掛けるドアはありません。
なので、壁に飾るのがいつものことです。

アトリエの入り口は、ドアに憧れて、アンティークのドアにしました。
リースがよく似合います。
ドア専用のリースハンガーを使えば、ドアにピンなど挿さずに
リースが飾れます。
wreath2.jpg

最近は、リースブームともいえるくらいリースが人気です。
リースが似合うドアが増えたのでしょうね。

door wreath

今回は、フェイクのバラも加えて、
ちょっとフェミニンな印象に仕上げます。
クリスマスまで飾れると思います。
クリスマスには、かわいいチェックのリボンをつけてください。
茶系がおすすめです。

花好きという方を訪ねると、造花や、プリザーブドのアレンジにセロファンを被せてその上にほこりをかぶせて
奥の方に置いている方がいます。
その前には、きれいな生花・・・
残念。
造花などは、長持ちするからと言って、かざりっぱなしはダメ。
せめて。季節ごとに入れ替えて飾りたいものです。



ウェディングのお仕事

結婚式シーズン!

回り方たちのお子たちが結婚適齢期になって、ウェディングの仕事が重なっています。
ウェルカムボードを飾るハートのリース。
アーティフィシャルフラワーで制作。
最近では美しいアーティフィシャルフラワーが出回っているので、フラワーリースが作りやすくなりました。

ハートリース

来月には、しばらくぶりに、
式場からブーケまで、トータルでのフラワープロデュース、そして納品までの仕事が舞い込みました。
花嫁さんは、とても素敵な方。
地域との繋がりと、真心のあるものへのこだわりをもつ方。
最大限ご希望に添えるように奮起します。

カボチャのアレンジは、先日の商工会さんでの講習会で提案したアレンジメントです。

カボチャアレンジ

みんなの教室始まります。

昨年、この小屋をリニューアルした時からの念願だった 

≪みんなの教室≫を始められることになりました!

koyabrog.jpg

まず第一弾は、≪陶芸家金山忍さんと楽しむピザ窯教室≫です。
ちょっくら市の仲間の陶芸家渡辺安里さんから紹介いただいて、
同じお名前だったので親近感を感じていたところ、
ピザ窯を持ってらっしゃるというお話を聞いて
(もちろん、陶芸用の大きな窯もお持ちです)、
ぜひ、我が家にもピザ窯がほしいと思い込み、ここに至りました。

9月7日 10:00~
金山さんのピザ窯つくりのお話と、生地から作るピザを焼いて、食します。
ご興味のある方ぜひご参加を!
参加費は、¥3,500です。

第2弾は、花屋時代の同僚の良子ちゃん夫妻によるスリランカカレー教室です。
2人は、住まいのある国立を拠点に積極的に活動しています。
本場スリランカのカレーの作り方を紹介してくれます。
スパイスとレシピは良子ちゃんの夫君ロシャンファミリ―オリジナルです。
スパイスはスリランカに住むロシャンさんのアンマ(お母さん)が手作りしたものを使います。
なんと、煎って、つぶして、ふるいにかけるところから手作りです。
数あるレシピの中から今回はどんなカレーが紹介されるかお楽しみ!!
参加費:¥3,800
小学生以下のお子さん700円
持ち物:エプロン・タオル・筆記用具
ご予約は、3日前までにお願いします。
1回目9月17日(日)              2回目9月18日(月)
両日 10:30~3時間程度
※17日は、16:00からもあります。詳細はお問合せください。

また、10月は、陶芸家渡辺安里さんの陶芸教室や、つむらやによる、秋のリースづくり教室も!
ピザ窯を楽しむ会は、月一回開催の予定ですので、ぜひ、お楽しみください!
10月の詳細は、後日アップしますね。

梅雨にも負けず

きれいなシルバーブルーの実、柊ナンテンの実
この季節に実をつける
hiiraginanntenn.jpg

やさしい色のカラーが咲いたので一緒にガラスの器に飾る

カラーパープル

緑なしで涼しげ
ブルーの実

hiiragiナンテン

今年植えたからか、このバラの開花が遅かった
昨夜のつよい雨に打たれて 忍びない姿に
すべて切り取ってしまった
プラチナピンク

これも遅ればせの開花

いくつになってもどこか乙女なところが残る
残っているのは しっかり昭和の乙女

大人になりきれない稚拙な思いで花を生ける
今はそれでいいと思う
自分のための花なのだから

マザーすデイローズ赤

最近の作品
  “サヨナラのカワリニ”
古ものを使って、楽しいの作っていこ
nanikorehasami.jpg

6月の庭から

リスペクトする方のお庭のバラを見に伺いました。
手土産はなしでと言われても、花ならいいかなと
庭のハーブやお気に入りの花たちでタジーマジーブーケを作りました。

タジマジ2a

毎年、こぼれ種で咲くニゲラは、この庭の妖精・・
大きく力強い花が多い庭の中で、消え入りそうなやさしい色で、そして華奢な姿であちこちに咲いています。
あタジマジ

6月のレッスンは、紫のバラと、同系色の花合わせ。
今日の市場からのバラはプレシャスモメント。
赤みがかった紫
やっぱりこぼれ種で咲くビオラの紫がマッチする色
プレシャスモメントa

そして、こぼれ種の最強種はオルレア。
今は、白いレースのようなこの花が、庭の主役です。
プレシャスモメント2a

プレシャスa

ワイルドストロベリーも忘れてはならないこの庭の顔です。
イチゴは、かわいすぎます。
食べるには酸っぱいけど、あちこちに赤い実が見え隠れしています。

苺ワイルdo

裏山の土手に、もう数十年前に亡き祖母が植えたイチゴが実をつけていました。
子供の頃、土手をダだ畑にして、イチゴを植えていた祖母を思い出しました。祖母と、イチゴを摘んだことも
ぼんやり思い出されて・・
プロフィール

 つむらやしのぶ

Author: つむらやしのぶ
福島の小さな村に暮らしています
庭づくりをしながら花仕事
和ハーブのある暮らし楽しんでます
和ハーブインストラクター
Facebook つむらやしのぶ
instagram shinobu-t-2v と
2vbrooms

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
QRコード
QR
FC2アフィリエイト
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる